オフィス・椿活動日誌

オフィス・椿の日々の活動の記録など

【法改正】障害が急に重くなったら年金額の改定請求を その5

 診断書を提出して、審査をしてもらえるとする対象は、傷病名別ではなく、増進した障害の状態で判断されます。具体的には、以下の22項目です。

両眼の視力の和が0.04以下となった場合
両眼の視力の和が0.05以上0.08以下となった場合
両眼の視野がそれぞれ5度以内となった場合
両眼の視野がそれぞれ中心10度以内におさまるもので、 かつ、10度以内の8方向の残存視野の角度の合計が56度以内となった場合
両耳の聴力レベルが100デジベル以上になった場合
両耳の聴力が90デジベル以上になった場合
喉頭全摘出手術を施した場合
両上肢のすべての指を欠いた場合
両下肢を足関節以上で欠いた場合
両上肢の親指および人差し指または中指を欠いた場合
一上肢のすべての指を欠いた場合
両下肢のすべての指を欠いた場合
一下肢を足関節以上で欠いた場合
四肢又は指の麻痺(完全麻痺に限る)(脳血管障害又は脊髄の器質障害については6か月以上継続した場合に限る)
心臓移植又は人工心臓(補助人工心臓を含む)の使用
CRT(心臓再同期医療機器)又はCRT‐D(除細動器機能付き心臓再同期医療機器)を装着した場合
人工透析療法の施行(3か月以上継続した場合に限る)
人工肛門を造設し、かつ、新膀胱を造設した場合(人工肛門については6か月以上継続した場合に限る)
人工肛門を造設し、かつ、尿路変更術を施した場合(6か月以上継続した場合に限る)
人工肛門を造設し、かつ、完全排尿障害状態(カテーテル留置又は自己導尿の常時施行を必要とする場合)にある場合(6か月以上継続した場合に限る)
21 脳死状態又は遷延性植物状態になった場合(遷延性植物状態については3か月以上継続した場合に限る)
22 人工呼吸器の装着(一か月以上常時継続した場合に限る) 現在障害年金を受給中で、上記に該当する方は1年を待たずに額の改定請求できる可能性が出てきます。詳しいことは障害ねんきん相談室にご相談ください。
  • -
  • 2014.04.12 Saturday/00:18
  • -
  • -

トップページに戻る
お問い合わせ
ページの一番上に戻る
オフィス・椿 ホームページ

最新の記事

月別記事一覧

カテゴリー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>