オフィス・椿活動日誌

オフィス・椿の日々の活動の記録など

【法改正】老齢厚生年金の障害特例がさかのぼって受給できる? その2

法改正の内容を知る前に、現在の「老齢厚生年金の障害者特例」のしくみについて、ご説明します。

平成26年度現在、老齢厚生年金が受給できる年齢は男性で61歳から、女性で60才からとなっています(年金制度に25年以上加入して、そのうち、厚生年金に最低1年以上加入していることが条件)。 65歳になるまで受給できる老齢厚生年金は「報酬比例部分」のみですが、「障害者特例」に該当する方は「定額部分」が支給され、配偶者や子ども(高校生以下)がいる場合には条件により加給年金が加算され、「報酬比例部分」の倍以上の年金を受け取れる方もいらっしゃいます。

<障害者特例の条件>
1. 障害等級の1級から3級に該当していること
2. 会社を退職していること(厚生年金に加入していなければ、パート等OK)
3. 60歳から65歳未満のあいだに受給資格を満たしていること 障害年金が請求できなかった方でも、障害特例に該当する場合がありますので、 詳しいことは障害ねんきん相談室にご相談ください。
(次回に続く)
  • -
  • 2014.05.23 Friday/09:37
  • -
  • -

トップページに戻る
お問い合わせ
ページの一番上に戻る
オフィス・椿 ホームページ

最新の記事

月別記事一覧

カテゴリー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>