オフィス・椿活動日誌

オフィス・椿の日々の活動の記録など

上手な相談のポイント

初めて障害年金の制度を知り手続きの困難さにぶつかると、請求を諦めてしまう方も少なくありません。代理請求を依頼するとき、面識のない専門家に何からどう話せばよいのか心配になることもあるでしょう。私たち障害ねんきん相談室ではまずお客様のお話に耳を傾け、じっくりとお話を伺います。障害年金を受給するために何が必要かしっかり方向性を決めてわかりやすくお話させていただいております。無料相談をご利用され安心していただいてから代理請求を依頼するかどうか決めていただきます。まずはご相談ください。

  • -
  • 2016.08.16 Tuesday/15:33
  • -
  • -

障害基礎年金か障害厚生年金か その2

会社の健康診断から難治性の不整脈であることはわかり治療に専念するため退職した、Fさん。退職後にICD(植込み型除細動器)を装着しましたが、手術をしたのが国民年金加入中のため3級程度の症状では受給できないと諦めていました。初診日(最初に診療を受けた日)が厚生年金に加入中であれば障害厚生年金で請求することができます。初診日は厚生年金に加入中でしたのですぐに代理請求をし、障害厚生年金3級を受給することができました。思い違いから請求のタイミングを逃しては残念です。障害ねんきん相談室の無料相談をご利用ください。

  • -
  • 2016.08.09 Tuesday/15:32
  • -
  • -

障害基礎年金か障害厚生年金か その1

障害年金には1級から2級までの障害基礎年金と1級から3級までの障害厚生年金の2種類があります。障害の程度が軽いと自己判断されていたBさん。うつ病でしたが、近々就職できそうなので、厚生年金に加入してからの申請を検討されていました。障害厚生年金で請求することができるかどうかは、申請時ではなく初診日(最初に診療を受けた日)によります。初診日は国民年金に加入中でしたのですぐに代理請求をし、障害基礎年金2級を受給することができました。働いていても障害年金はカットされません。また、会社に受給していることを知られることもありません。請求のタイミング等迷われている方は障害ねんきん相談室の無料相談をご利用ください。

  • -
  • 2016.08.02 Tuesday/15:31
  • -
  • -

1 2 3 4 5 6
トップページに戻る
お問い合わせ
ページの一番上に戻る
オフィス・椿 ホームページ

最新の記事

月別記事一覧

カテゴリー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>