オフィス・椿活動日誌

オフィス・椿の日々の活動の記録など

初診日の認定方法が新たに加わります! その7

(前回より)初診日の新たな確認方法の六つ目は、「初診日の日付の取り扱い」です。初診日について、年月まではわかっても日付までは特定できない場合、今までは初診日を特定できなかったために、障害年金が支給されませんでした。これに対し、今回の改正においてこのようなケースについては、初診月の末日を初診日として特定することとなります。
初診日を月末とすることにより、月初とするよりはそれだけ保険料を1月でも多く納付している可能性が高くなり、保険料納付要件を満たす場合が多くなることからの配慮です。(次回に続く)
 
  • -
  • 2015.10.23 Friday/10:30
  • -
  • -

初診日の認定方法が新たに加わります! その6

(前回より)初診日の新たな確認方法の五つ目は、「健康診断を受けた日の取り扱い」です。健康診断を受けた日を初診日とするかどうかは、治療目的で医療機関を受診したわけではないため原則としては初診日としないことが適当であるとされています。しかし、初診日の証明が取れない場合で、健康診断の結果がただちに治療が必要であると認められる場合については、本人の申立てにより健康診断の日を初診日とし、その証明書を求めることになるというものです。
健康診断の結果票は自分自身の健康管理も兼ねて保管しておくことをお勧めします。(次回に続く)
 
  • -
  • 2015.10.15 Thursday/10:26
  • -
  • -

初診日の認定方法が新たに加わります! その5

(前回より)初診日の新たな確認方法の四つ目は、「診断書等の取扱い」です。
診察券や入院記録等で初診日及び受診した診療科が確認できた場合には、本人の申立てる初診日について参考となる他の資料が合わせて提出されれば、初診日を認めることができるというものです。
日ごろから、過去の診察券や医療関係の領収書やお薬手帳などは自分自身の健康管理も兼ねて保管しておくことをお勧めします。(次回に続く)
 
  • -
  • 2015.10.09 Friday/10:25
  • -
  • -

1 2 3 4 5 6 7 8 9
トップページに戻る
お問い合わせ
ページの一番上に戻る
オフィス・椿 ホームページ

最新の記事

月別記事一覧

カテゴリー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>